公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

臨床研修サイト

研修医室へようこそ

R元年組(研修医)座談会

今日は、令和元年4月から当院で臨床研修を開始した4人の先生方、通称「R元年組」に研修の様子、研修の感想をインタビューしてきました。
年齢、性別、出身地、出身大学もさまざまな4人は、多摩南部地域病院で無事、医師としてスタートできたのでしょうか?
研修医の日常に迫ってみたいと思います。

担当者
先生それぞれの志望科は何科ですか?
研修医A
病理診断科です。
研修医B
頭頸部外科です。
研修医C
皮膚科です。
研修医D
緩和ケア内科です。

ICT(院内感染対策チーム)1

選んだ理由は様々
担当者
多摩南部地域病院をどのように知りましたか?
研修医C
家族が多摩南部地域病院の患者としてかかっているので知っていました。
研修医B
通っていた予備校の紹介で知りました。
研修医A
マッチングの二次募集サイトで知りました。
研修医D
東京で緩和ケア内科が研修できる病院を探していました。
担当者
多摩南部地域病院を研修病院に選んだ理由はなんですか?
研修医A
東京での研修を希望していました。学生時代から病理診断の研究室に入室していたこともあり、病理診断医のいる多摩南部地域病院を志望しました。
研修医B
キッカケは、予備校のスタッフの方に多摩南部地域病院を紹介されました。調べてみると1学年先輩に同じ大学の先生がいたので安心しました。また頭頸部外科の研修ができるので志望しました。
研修医C
市中病院での研修を希望していました。家族が多摩南部地域病院の患者であったり、近所の方の評判を耳にしていました。病院見学に来てみて、雰囲気がよかったので見学が決め手となりました。
研修医D
東京の多摩地域で研修したいと考えていました。見学にきてみて、緩和ケア内科の先生が魅力的だったので多摩南部地域病院に決めました。
規模のメリット
担当者
中規模病院、研修医が少人数を選んだ理由がありますか?
研修医B
中規模病院の方が、手技を多く経験できると思い志望しました。また、少人数の方が研修医同士、切磋琢磨し成長できると思いました。
研修医C
中規模病院であれば、症例が均等に割り振られると思いました、また、少人数であれば、指導医の目も行き届きやすいと思いました。
担当者
4月から、どのような順番でローテーションしていますか?
研修医A
内科、循環器内科、外科、現在は、麻酔科をローテーションしています。
研修医B
外科、麻酔科、内科、現在、循環器内科をローテーションしています。
研修医C
外科、内科、循環器内科、現在、内科をローテーションしています。
研修医D
内科、外科、内科、現在は、緩和ケア内科をローテーションしています。
各科研修の内容
担当者
C先生にお伺いします。内科では、どのような研修内容でしたか?
研修医C
内科研修は、朝の回診後、カルテ記載、病棟管理を行います。他の先生の患者さんでも手技を行う場合は呼んでもらい、指導医のもと実施します。また、救急外来に患者さんが来た場合も呼んでもらい、救急患者さんの診察を行います。
担当者
A先生にお伺いします。外科では、どのような研修内容でしたか?
研修医A
外科は、一日中、手術に立ち会う日が多かったです。その中でも、研修医でもできる簡単な手術は、指導医のもと経験させていただきました。
それ以外だと、病棟管理、救急外来診察がありました。
担当者
B先生にお伺いします。循環器内科では、どのような研修内容でしたか?
研修医B
朝、病棟又はHCUに集合し、患者さんの状態を確認します。その後、心臓カテーテル検査が行われますので、指導医のもとカテ研修を行います。また、病棟管理、救急外来診察があり、夕方、病棟回診をします。
担当者
緩和ケア科では、どのような研修内容でしたか?
研修医D
病棟あるいは外来で、患者さんのお話しを聞くことが多いです。
担当者
緩和ケア科研修の1日のスケジュールを教えてください。
研修医D
まず、病棟を回診します。初診外来がある場合は、立ち合います。その後、病棟業務となります。
担当者
受け持ち患者さんはいますか?
研修医B
科によって異なりますが、2~3人程度受持ち患者さんがいます。
手技経験が多く積める
担当者
一般的に市中病院は手技を多く経験できると聞きますが、多摩南部地域病院では手技はどの程度経験できますか?
研修医C
他病院との比較はできませんが、相当、量はこなせます。手技の経験は多いと思います。
内科の手技は、PICC(末梢挿入中心静脈カテーテル)、中心静脈穿刺、腹水穿刺、胸水穿刺などが経験できます。当院では症例が少ないですが、腎生検が経験できました。また、気管支鏡を見学させてもらいました。
研修医A
外科の手技は、簡単な手術であれば執刀させてもらえます。たとえば、ヘルニアで腹腔鏡を使わないような手術であれば、指導医のもと執刀医になります。
研修医B
循環器内科の手技は、指導医のもと心臓カテーテル検査、ペースメーカーの手術を経験できます。
また、アブレーションを見学できます。
当直も充実
担当者
当直体制はどうなっていますか?
研修医D
4系列(内科・循環器内科、外科、小児科、混合系)です。
担当者
当直は、月何回行いますか?
研修医B
当直は、2年間で40回以上行う必要があります。当直する日は、研修医が自由に選べます。
担当者
当直勤務の流れを教えてください。
研修医C
よほど緊急でなければ、研修医がファーストタッチをします。ひととおり問診をし、鑑別診断の後、検査をオーダーします。
研修医A
検査結果が出たら、上席医と一緒に診察をしていきます。
研修医B
帰宅させてよい患者さんは、上席医の指導のもと、研修医がその旨説明することが多いです。
研修医D
救急で診察した患者さんが入院した場合、研修医がそのまま受持医になり、退院まで治療にあたります。
治療の一連の流れがわかり、大変勉強になります。
担当者
当直の翌日の勤務はどうなりますか?
研修医A
通常勤務です。
やさしい先輩医師
担当者
先輩医師、指導医は、やさしく指導してくれますか?
研修医C
先輩医師、指導医はやさしい方が多いです。質問には、順序立てて答えてくれます。救急外来診察などでは、鑑別診断や検査の必要性などについて、フィードバックしていただけるのでありがたいです。
充実した学習環境
担当者
勉強会の開催など、研修医の学習環境はいかがですか?
研修医C
科によって勉強会があります。内科は、月に一度、抄読会をしています。
研修医D
研修医が雑用に時間をとられず、勉強の時間も確保できています。
研修医A
研修医の予算も十分あり、図書の購入や、学会参加費など学習環境の整備に補助があります。
担当者
研修医も学会発表などの機会がありあますか?
研修医B
指導医の先生が、学会発表に声かけしてくれます。また、3月は、都立・公社病院合同発表会があります。指導医の先生が、発表資料の作り方から丁寧に指導してくれます。
担当者
土日祝日は、休みですか?
研修医D
休みです。呼び出しもありません。
充実した制度・環境
担当者
家賃補助制度がありますか?
研修医A
家賃補助制度はありませんが、病院の敷地内に職員住宅(15,000円/月)があり、希望者は入居できます。
担当者
入職時オリエンテーションがありますか?
研修医D
入職から約1週間オリエンテーションがあります。病院の概要、各科の説明、電子カルテの操作説明、消火訓練、採血・静脈注射実技などがあります。
病院選びで重視したこと
担当者
病院見学はいつ頃から開始しましたか?
研修医B
5年生の夏頃から開始しました。
担当者
病院選びでは、どんな点を重視しましたか?
研修医B
「働きやすい環境」を重視しました。
研修医C
有名病院も見学に行きました。業務内容は、一日ではわからないが、病院の雰囲気はなんとなくわかるので、自分に合うかどうか決めてました。
研修医A
見学に行くと、病院の雰囲気がわかります。
担当者
病院の情報は、何から得ていましたか?
研修医C
病院ホームページ、レジナビフェア、サイト、病院パンフレットなどです。
研修医A
Twitterや先輩のクチコミを活用しました。
研修医B
予備校では、マッチング相談にのってくれる方がいたので、利用しました。
多摩南部地域病院を選んでよかった
担当者
多摩南部地域病院で研修してよかった点は何ですか?
研修医C
病院全体の雰囲気がよく、見学に来たときに感じたことが正しかったと思いました。職員同士、挨拶を欠かさないことが素晴らしいと思います。
研修医D
診療科間の垣根が非常に低く、他科の医師にも気軽にコンサルテーションできるのがありがたいです。
研修医A
後期研修の先生方との距離が近いです。後期研修の先生方は、多摩南部地域病院以外からいらしているので、考え方に広がりができます。
研修医B
手技も含めて、多くのことを経験できているので、自分の日々の成長を実感できています。
研修医A
同期がみんないい人でよかったです。
研修医C
多摩南部地域病院の研修は、自由度が非常に高いのが魅力です。反面、いつも自分を律していないと、学べる機会も少なくなってしまいます。
常に意識を高く持ち、積極的に行動できる方に多摩南部地域病院で研修していただきたいです。

ICT(院内感染対策チーム)1

ICT(院内感染対策チーム)2

ICT(院内感染対策チーム)1

ICT(院内感染対策チーム)2

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報 職員紹介動画

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合