公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

臨床研修サイト

臨床研修医募集

ジュニアレジデント(初期臨床研修医)とシニアレジデント(専攻医)の募集をしています。

病院見学を随時実施しております。
当院の雰囲気を是非肌で感じてみてください。
見学希望の方は「病院見学へようこそ」をクリックして、見学申込フォームをご利用されるか、
下記問い合わせ先までご連絡ください。

問合せ先
〒206-0036 東京都多摩市中沢2-1-2
多摩南部地域病院 庶務課庶務係
TEL 042-338-5111 内線 2212
FAX 042-339-6111
e-mail S301010100@tokyo-hmt.jp

新着情報

  • H30.12.7

    総合内科診断およびNHKテレビ「総合診療医ドクターG」で著名な徳田安春先生(群星沖縄臨床研修センター所長)による教育回診が行われました。今回で当院開催は5回目となりました。研修医によるプレゼン、病棟の患者さんを回診してのアドバイス、さらに意識障害の患者さんの診方についてのレクチャーがありました。

    臨床研修医の他、若手医師も参加して活発な討議で盛り上がりました。

  • H30.11.17
    当院内科のシニアレジデント(卒後3年目)が第232回日本呼吸器学会関東地方会で演題発表しました。写真は会場の秋葉原コンベンションホールです。
    演題名:「肺動脈に緑色腫を形成し、急速な転帰を辿った急性骨髄性白血病の1剖検例」
    病理解剖で診断に至った貴重な症例を報告しました。質問にも堂々と答えることができました。

  • H30.11.3
    第28回臨床内分泌代謝updateが福岡国際会議場で開催されました。当院からは卒後4年目のシニアレジデントが参加し、全国から集まった演者の講演を聴講しました。最新の内分泌代謝学の知見に触れることができました。

  • H30.10.12
    第65回多摩南部地域病院臨床病理検討会(clinico-pathological conference、CPC)が開催されました。
    今回は、循環器内科の症例で、臨床研修医が中心となってまとめ発表しました。病理医より詳細な考察があり、活発な討議が行われました。

  • H30.9.8
    当院の初期臨床研修医が第644回日本内科学会関東地方会で症例報告を行いました。下写真は会場となった東京・秋葉原のアキバプラザです。
    演題名:「IgA血管炎に対するステロイド初期治療経過中に腎炎が顕在化した1例」
    リウマチ膠原病専門医の丁寧な指導の元で、じっくりと準備することができました。貴重な経験が得られたと思います。

  • H30.7.15
    レジナビフェア2018 東京 ~臨床研修プログラム~が東京ビッグサイトで開催されました。当院は東京都立病院・東京都保健医療公社のグループの一つとしてブースを出しました。平成31年度より当院の初期研修医(ジュニアレジデント)の定員は、2名から4名に増えます。研修内容もより充実してきておりますので、病院見学をお待ちしております。医学部5・6年生の他、4年生の見学も歓迎いたします。お問い合わせ下さい。

  • H30.7.11
    多摩南部地域病院ICT/ASTセミナーが開催されました。今回は東京医科大学八王子医療センター感染症科の平井由児教授をお招きしました。
    演題名:「抗菌薬適正使用に関すること ~抗菌薬適正使用に関する当院の具体的な課題をもとに~」
    当院でもAST(抗菌薬適正使用支援チーム)によるラウンドなどを通じて抗菌薬の適正使用に力を入れています。「それって感染症?」という内容では、感染症診断のトライアングル(患者背景、微生物、臓器)などを大変わかりやすくお話しいただきました。

  • H30.6.17
    レジナビフェア 2018 ~後期研修(専門研修)プログラム~が東京ビックサイトで開催されました。当院は東京都立病院・公社病院で形成する「東京医師アカデミー」に参画しており、グループの1施設として出展しました。
    新専門医制度のため、医師の3年目以降の研修体制は大きく変わってきています。当院では内科にシニアレジデントのコースを設定しており、また都立・公社病院で連携した医師育成の実績もあります。今年は昨年に倍する人数の当院ブース訪問者がありました。興味を持たれた方は是非当院へのご連絡・見学をお待ちしております。

  • H30.5.24-26
    第61回日本糖尿病学会年次学術集会が東京国際フォーラムで開催されました。 当院からは1演題を発表するとともに、4年目の若手医師も参加しました。 国内外からの多くの演者の発表を聞き、糖尿病学の最新の知見に接することができました。

  • H30.5.19
    当院のシニアレジデントが都立多摩総合医療センターで開催されたJMECC講習会に参加しました。 また、当院内科常勤医師もアシスタント役として参加しました。 JMECCは「ジェイメック」と読み、Japanese Medical Emergency Care Courseの略称で、日本内科学会が策定する救急蘇生講習会で受講歴が内科専門医試験受験資格に必須となっています。救急蘇生術は実際の臨床現場でも経験することが多い手技です。

  • H30.5.18
    多摩南部地域病院放射線科症例検討会が開催されました。今回は当院の平岡放射線科医長が講演しました。
    演題名:「胸部単純写真の読影 -基本のおさらいを症例を含めて-」
    胸部単純写真の読影は多くの医師に必要とされる技能です。地域の先生方のほかに当院の初期臨床研修医、シニアレジデントも多数参加し、実際の画像を見ながら学習しました。

  • H30.4.14
    当院の卒後4年目の医師が第115回日本内科学会総会で発表を行いました。下写真は会場となった京都市勧業館(みやこめっせ)です。
    演題名:「当院過去4年間の入院患者における百寿者の検討」
    発表に対して多くの質疑応答がありました。当院からはシニアレジデントと初期臨床研修医も学会に参加、全国から集まった演者の発表に接し大きな学びになりました。

  • H30.4.2
    平成30年度の辞令交付式が行われました。今年度はシニアレジデント(3年目)1名、初期臨床研修医2名が当院に採用されました。和智院長から辞令が手渡されました。今年度は新専門医制度が開始となり、医師の専攻研修に新しい一歩が記される年となります。若手のDrと共に学び歩んでいければと思っております。

バックナンバー

平成29年度 下半期

平成29年度 上半期

平成28年度 下半期

平成28年度 上半期

平成27年度 下半期

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合