公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

臨床研修サイト

臨床研修医募集

ジュニアレジデント(初期臨床研修医)とシニアレジデント(専攻医)の募集をしています。

病院見学を随時実施しております。
当院の雰囲気を是非肌で感じてみてください。
見学希望の方は「病院見学へようこそ」をクリックして、見学申込フォームをご利用されるか、
下記問い合わせ先までご連絡ください。

問合せ先
〒206-0036 東京都多摩市中沢2-1-2
多摩南部地域病院 庶務課庶務係
TEL 042-338-5111 内線 2212
FAX 042-339-6111
e-mail S301010100@tokyo-hmt.jp

新着情報

  • 2019.10.25
    多摩南部地域病院第66回臨床病理検討会(CPC)が開催されました。初期臨床研修医2名が臨床経過と病理を担当しました。
    症例:「原因不明の腹水を有し、呼吸不全にて死亡に至った1例」
    複雑な経過な方でしたが、要点をよくまとめることができました。

  • 2019.10.21-10.25
    卒後3年目の内科シニアレジデントがベトナム熱帯感染症研修2019(主催:国立研究開発法人国立国際医療研究センター)に参加しました。写真は会場となったベトナム・ホーチミン市の熱帯病専門病院(Hospital For Tropical Diseases)です。
    5日間の日程で現地の医師とも交流し知識を深めました。通訳なしの環境で英語でのコミュニケーション、プレゼンテーションをこなし、貴重な経験となりました。

  • 2019.10.10
    2019.10.5の第654回日本内科学会関東地方会において当院の初期臨床研修医が症例報告を行いましたが、この報告が内科学会奨励賞を受賞しました。
    医師として初参加の学会での受賞です。発表された全73演題の中から奨励賞に選出されたのは5演題でした。おめでとうございます。
  • 2019.10.5
    第654 回日本内科学会関東地方会が開催されました。当院からは1 年目の初期臨床研修医が症例報告を行いました。写真は会場のステーションコンファレンス東京です。
    演題名:「長期チオプロニン内服によるネフローゼ症候群の1例」
    医師として初の学会発表となりましたが、質疑応答もこなすことができました。貴重な報告となりました。

  • 2019.9.14-15
    第19回日本病院総合診療医学会学術集会が開催されました。当院からは内科(医師3年目)のシニアレジデントが症例報告を行いました。写真は会場となった佐賀市文化会館です。
    演題名:「急性E型肝炎と糖尿病性ケトーシスを併発した1例」
    急性E型肝炎は日常臨床では比較的稀ですが、日本では年間300例程度の発生があるとされています。堂々と発表できました。

  • 2019.9.14
    第653回日本内科学会関東地方会が開催されました。当院からは初期臨床研修医が症例報告を行いました。写真は会場のステーションコンファレンス東京です。
    演題名:「診断にPET-CTが有用であった巨細胞性動脈炎の1例」
    落ち着いて発表することができました。貴重な経験となりました。

  • 2019.9.1
    9月1日、防災の日に多摩市中央公園において、「東京都・多摩市合同総合防災訓練」が行われ当院も参加しました。会場の一部スペースでは大規模なトリアージ訓練が実施され、職員チームに研修医も加わり、模擬傷病者の救護にあたりました。
    当院は、「災害拠点病院」であり、大規模災害が発生した際には、地域の傷病者の受入を行います。

  • 2019.8.20
    緩和ケア科症例検討会が開催されました。奥山緩和ケア科副部長が「なぜ今ACP(アドバンス・ケア・プランニング)?」について講演しました。人生の最終段階における本人の意思について、医療従事者や家族の関わり方、過去の事例や法律的な視点を交えた、わかりやすい講演でした。
    ACP(アドバンス・ケア・プランニング)は、令和2年度から臨床研修の必須項目となり、当院では、緩和ケア科ローテーション中に研修します。

  • 2019.8.2
    NHKテレビ「ドクターG」など総合診療において著名な徳田安春先生(群星沖縄臨床研修センター所長)が来院し教育回診を行いました。当院では、2015年から開催しています。患者さんの病歴からの鑑別診断、身体所見の取り方などに対して詳細な講義が行われました。また症例検討のあと「貧血の診かたと鑑別」についてレクチャーを受けました。ジュニア・シニアレジデント達から多くの質疑応答があり、文字通り「明日からの診療に役立つ」講義となりました。

  • 2019.6.23
    レジナビフェア ~臨床研修プログラム~が幕張メッセで開催されました。当院も東京都立病院・公社病院の一員としてブースを出展しました。見学に訪れた医学部生に、当院の研修内容について説明しました。
    当院は内科専門研修プログラムも有しており、卒後3-5年目の後期研修医も在籍しているので、いわゆる「屋根瓦方式」となり充実した研修ができます。興味を持たれた方は、ぜひ一度当院への見学をお勧めしたいと思います。お待ちしております。

  • 2019.6.11
    研修医パワーアップ講座を開催しました。
    今回は、和智前院長による講義「漢方とは~西洋医学とはどう違う?~」でした。日本漢方と西洋医学を対比しながら、わかりやく漢方医学について講義していただきました。
    研修医のほか、医師、看護師、事務職、薬学部実習生の参加がありました。
    通常のローテーション研修では経験できない貴重な学習の機会となりました。

  • 2019.6.9
    レジナビフェア ~後期研修(専門研修)プログラム~が東京ビッグサイトで開催されました。当院も東京都立病院・公社病院の一員としてブースを出展しました。見学に訪れた初期研修医の方に、当院での研修の魅力について説明しました。
    当院では内科専門研修プログラムを設置(基幹施設)しており、300床規模と中規模病院ながら総合診療的な視点を伴った専門研修を行えることを特徴としております。興味を持たれた方は、ぜひ当院への見学をお勧めしたいと思います。お待ちしております。

  • 2019.6.8
    第651回日本内科学会関東地方会が開催されました。当院からは卒後5年目の若手内科医師が症例報告を行いました。写真は会場となった東京国際フォーラムです。
    演題名:「アセトアミノフェンによる薬剤性間質性肺炎と考えられた1例」
    同薬は感冒薬などでも頻用される薬剤です。貴重な報告となりました。

  • 2019.5.23-5.25
    第62回日本糖尿病学会年次学術集会が開催されました。下写真は会場となった仙台国際センターとせんだいメディアテークです。当院からは内科(卒後5年目)のシニアレジデントが演題発表しました。
    演題名:「当院におけるインスリン使用中の後期高齢者の治療および血糖コントロール状況の検討」
    質疑応答含めて落ち着いて発表できました。全国から集まった演者の発表に接し、刺激を受けました。

  • 2019.4.21
    MECマッチングフェアがベルサール新宿グランドで開催されました。当院もブースを出展し、当院での研修の魅力について説明しました。多数の医学部学生にお越しいただきました。当院での研修に興味を持たれた方は、雰囲気を味わうためにも是非一度病院見学にいらして下さい。お待ちしております。

  • 2019.4.9
    新規採用となった初期臨床研修医が新規採用職員研修に参加しました。院長による病院概要の説明のほか、各科紹介と留意事項の案内がありました。「感染対策」の講義や実技、「患者誤認防止」の講義、採血静注用練習キットを使用した実技を行いました。

  • 2019.4.1
    平成31年度採用辞令交付式が開催されました。本年度、当院にはシニアレジデント3名(内科専攻医2名、泌尿器科専攻医1名)、ジュニアレジデント4名が採用となりました。どのレジデントも大切な人材です。指導医たちもより一層研鑽を深め、より良い指導ができるよう努力を重ねたいと思います。

バックナンバー

平成30年度 下半期

平成30年度 上半期

平成29年度 下半期

平成29年度 上半期

平成28年度 下半期

平成28年度 上半期

平成27年度 下半期

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合