公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

病院のご紹介

病院の特色

地域医療連携

地域医療支援病院として私たちは医療連携を推進します
南多摩地域の5市(八王子、町田、日野、多摩、稲城)を対象医療圏とする地域の医療機関と密接に連携し、高度かつ適切な医療を提供しています。
平成9年の医療法改正で、地域医療支援病院の制度が創設され、多摩南部地域病院は、平成10年9月に承認を受けました。
私たち地域医療支援病院の主な役割は、次のとおりです。
  • 地域の医療機関と医療機能の分担を行い、更に密接な連携を図りながら患者さんの症状に応じた継続性、一貫性のあるより適切な医療を提供すること。
  • 地域の医療機関(かかりつけ医)に対して医療、設備、情報などの面で支援を行うこと。
  • 地域医療の向上と充実に貢献すること。
1. 地域医療機関からの紹介予約制
外来診療は、救急(二次救急・入院・治療を必要とする患者さん)の場合を除いて地域の医療機関からの紹介と予約が必要になります。患者さんはまず、かかりつけの診療所などで受診してください。かかりつけ医が、当院での受診が必要と判断した場合にご紹介くださいます。また、高額医療機器の共同利用も行っており、検査のみ必要な患者さんもご紹介いただいております。
2 地域医療機関のご案内
当院で引き続き診療を受ける必要のない状態に回復したときは、ご紹介元の医療機関でその後の診療を受けていただくことになります。なお、かかりつけ医がいない患者さんには、通院しやすい医療機関をご案内しております。

連携医療機関

3. 共同診療
共同診療とは紹介医(連携医)が当院に来院し、当院の担当医と一緒に診療することです。紹介医は患者さんの治療内容等が詳しく把握できますので、患者さんは当院での治療が終了し、紹介元へ戻られた後でも一貫性・継続性のある医療が受けられます(入院患者さんへの共同診療については、健康保険制度により開放型病院共同指導科が算定され、自己負担が発生します)。
4. 地域医療機関関係者の研修
地域医療機関の方々の生涯学習の場として、症例検討会・講演会などを開催しています。
5. 連携推進体制
地域医療機関との円滑な連携を図り、患者さん中心のよりよい医療を提供するために、「患者支援センター」を設け、連携の推進に努めています。「患者支援センター」には入退院・受診支援部門、医療相談部門、地域連携部門があり、入退院・受診支援部門は、病気・健康に関すること、在宅での療養についてなどのご相談に応じています。医療相談部門は医療費や福祉制度に関すること、入院生活や社会復帰のことなどのご相談に応じています。地域連携部門は紹介予約制に関する業務などを行っています。
  • 地域の医療機関からの紹介予約制を基本としております。
  • 急性期医療を行っております。

重点医療

  • 救急医療(二次救急)
    • 医師の当直 4系列(内科、小児科、外科系、混合)
  • がん医療
    • どの科にもがん医療(手術・集学的化学療法)に対応できる医師がおります。
    • 放射線治療部門では、原体照射法を主にした放射線治療及び温熱療法を実施しております。

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合