公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

病院のご紹介

病院の運営理念

  1. 地域医療支援病院として、地域医療連携を着実に推進する
  2. 患者さんの人格を尊重した「患者中心の医療」を実践する
  3. 安全・安心の医療を提供する
  4. 救急医療とがん医療を重点医療として積極的に取り組む
  5. 当院の使命を果たすため、健全な経営基盤を確立する

 

令和2年度(2020年度)多摩南部地域病院運営方針

R2.4.1現在

Ⅰ 基本方針

  1. 「地域を支える・地域に支えられる病院」
    南多摩医療圏において、急性期医療の中核病院として患者さんに良質な医療を提供し、地域包括ケアシステム構築の一翼を担うことで、医療を通した「まちづくり」に貢献する。

Ⅱ 運営目標

1 医療連携の強化による地域への新たな貢献
  1. (1) 地域包括ケアシステム構築の一翼を担うべく、患者支援センターの多職種による体制を一層充実することで、患者にとって効率よく利用しやすい体制構築を図る。また入退院支援機能強化および在宅医や訪問看護ステーション等との連携強化を通して、入院前外来から入院・在宅等への切れ目のない患者サポートを実施していく。
  2. (2) 返送・逆紹介の徹底や、積極的な訪問等による顔の見える関係構築を通して連携を強化し、連携医を支援していく。また昨年度導入した病院救急車について更なる活用を図り、連携医からの依頼による自力移動が困難な在宅患者等の搬送や、地域の病院間での患者搬送を行うなど、地域医療の充実に貢献する。
  3. (3) 多摩緩和ケアカンファレンス等を通じて、関係機関とがん診療連携を強化し、切れ目のない緩和ケア医療体制を構築する。
  4. (4) リウマチ膠原病医療、小児医療をはじめ南多摩医療圏において特に必要とされる医療を提供するため、当院と都立多摩総合医療センター等都立病院との病病連携を積極的に推進していく。
  5. (5) 東京都災害拠点病院の役割を果たすため、院内体制の整備や研修等を通じて職員の意識向上を図るとともに、多摩市医療系合同災害訓練に参加し、関係機関との連携体制を構築する。
2 患者中心の良質な医療の提供
  1. (1) 病院総合診療機能や消化器チーム医療の強化を進め、内視鏡センターや手術部門の体制強化に努める。また、救急医療においては「断らない、まず診る」の理念のもと、プライマリー対応ルール(たまなんルール)を積極的に活用し、より重症度の高い患者にも対応していく。
  2. (2) 東京都がん診療連携協力病院として、がん患者に対し、診断・内視鏡的低侵襲手術・放射線治療・緩和ケア等の各分野において、質の高い包括的がん診療を推進する。また、がん標準治療をサポートするオンコロジーサポートセンターの開設に向けて院内の体制整備を進める。
  3. (3) 新型感染症(新型コロナウイルス感染症等)への適切な対応も含めた病院感染対策や医療安全管理に万全を期すとともに、個人情報の適正な管理も徹底する。
  4. (4) 情報の一元化を推進し、電子カルテシステムや新公社ポータルを活用した情報の共有および業務の効率化に努めることで、患者サービスの向上を図る。
  5. (5) 責任者(リーダー)を明確にしたチーム医療を推進するなど、院全体の医療の質の向上を図るとともに、今年度は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた医療体制の確保に努める。
3 人材の確保・育成
  1. (1) 高齢者救急医療のニーズ増加に対応すべく、全人的チーム医療体制を整備する。そのためには、幅広い視野を持ち、多職種チーム内でリーダーとなりうる病院総合診療医の確保・育成・活用を積極的に進める。
  2. (2) 新専門医制度において安定した臨床研修医の確保と育成をめざすため、各診療科内や研修医間での情報共有や指導体制の強化、並びに基幹病院および連携病院との人材交流の強化を行う。
  3. (3)「自律性」「専門性」「地域への貢献」の3つの観点から病院運営を担う人材を育成するため、看護師の特定行為研修の受講支援など、各職種における種々の資格取得支援や研修会・学会などへの参加を積極的に奨励する。
  4. (4) 働き方改革の方針に適切に対応し、ライフ・ワーク・バランスに配慮した働きやすい環境整備を進めるとともに、超過勤務の縮減やペーパーレスの推進等による効率的な業務運営に取り組むことで、職員の満足度向上を図っていく。
4 自律的経営の追求
  1. (1) 令和2年度診療報酬改定や地域医療構想等の医療環境の変化に的確に対応し、一層の経営改善に取り組んでいくことで、資金収支計算書の全体収支差額について黒字化を達成する。
  2. (2) 地域医療連携の推進及び救急患者の受入を強化し、新入院・新来患者の増加を図る。また、DPC分析や集中治療室(HCU)、有料個室、医療機器等、院内設備の積極的な利用を推進し、収益向上を図る。
  3. (3) 収益力の強化と併せて、材料費や委託費等の見直しに取り組み、積極的な医業費用の縮減を一層促進する。
  4. (4) 東京都における「新たな病院運営改革ビジョン」を踏まえ、地方独立行政法人への経営形態の移行に向けた準備を進めていく。

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報 職員紹介動画

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合