公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

病院のご紹介

院長あいさつ

院長 小池 順平

院長 和智 明彦

多摩南部地域病院「たまなん」は(公財)東京都保健医療公社が運営する公設民営の急性期総合病院かつ地域医療支援型の病院で、病床数は小児病床10床、緩和ケア病床16床、集中治療室(HCU)6床を含む約300床です。

H28年度の運営状況ですが、予約入院70%、救急入院30%の比率で計8,500人を超える新規入院患者さんにおいで頂き、平均在院日数7.9日の入院医療を提供いたしました。

当院の第一のミッションは急性期病院として救急医療を地域に提供することです。通常の二次救急はもとより、最近特に増えているご高齢者の救急に対しては、臓器別診療では対応しきれないことも多いため、全人的な総合診療の体制強化を進めております。

第二のミッションは東京都がん診療連携協力病院として、がん疾患の早期診断、手術・内視鏡治療、化学療法、放射線治療、温熱療法など地元で質の高いがん治療や緩和ケア医療を提供することです。このためにも逐次がん診療体制の整備を行っております。

第三のミッションは、近い将来高い確率で起こるとされる都内大規模災害時の災害医療の提供です。当院は東京都災害拠点病院であり、受災患者さんに対し病院でなければできない入院医療を積極的に行うことです。

以上、3つのミッションを挙げましたが、これらをスムーズ進めるためにはその原動力となる院内すべての職員がよい医療人である必要があります。したがって、当院最後(第四)のミッションは「よい医療人の育成」です。よい人材はきっと将来、地域の貴重な財産となってくれるはずです。以上の4つのミションをしっかり進めてまいりますので、「たまなん」をよろしくお願いいたします。

共同利用のご案内内視鏡放射線科

患者支援センター 臨床研修サイト 採用情報

受付時間のご案内

初診:8:30~16:00

紹介状が必要です。

再診:8:30~16:00

※診療科によって時間が異なります。 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始 ※休診日は救急対応のみです。

交通のご案内

  • 電車・バスでお越しの場合
  • お車でお越しの場合