公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

理学療法のご案内

早期の日常生活動作の回復、退院を目指し必要に応じて術前からの介入、個々の患者さまの生活環境や身体状況に応じて、リハビリテーションを提供しています。
また病院の立地上、学生の方の患者さまも多く、スポーツ傷害への対応も実施しており、高齢者から若年層まで幅広く対応をしています。
主だったリハビリテーションの内容には、基本動作や歩行、関節の動きの改善、筋力の維持、強化、持久力の改善を目的とした運動療法や、干渉波治療や超音波治療、電気刺激などといった物理療法を行っています。

作業療法のご案内

患者さまの身体や認知・精神機能の問題に対して様々な活動を通して、日常生活の改善を目指していくことです。
そのため行う場所はリハビリ室だけではなく、実際の生活に即した環境で行うこともあります。
例えば、
排泄動作:トイレに行き移動やズボンの上げ下げの練習を行います。
食事  :昼食時などに動作の練習を行います。
着換え :病室等で実際に洋服の着換えの練習を行います。
などのように生活に必要な動作の練習や道具の相談等を行っていきます。

言語療法のご案内

摂食・嚥下機能、発声発語機能、言語機能などに対して言語聴覚士が検査、訓練および助言、指導その他の援助など専門的かかわりを行い、機能の獲得や維持・向上を目指して支援しています。
またNSTチームとも連携し多職種で患者さんを支援します。
地域の先生方からの「ご紹介制摂食嚥下外来」においても言語聴覚士が専門的な関わりをいたします。