公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

リハビリテーション室

当院のリハビリテーション室は主に、整形外科、脳神経外科、内科、外科の発症、術後間もない入院患者さま、また緩和ケア科の患者さまにも理学療法・作業療法・言語療法を実施しています。
リハビリテーションを実施している患者さまの半数が整形外科の筋、骨格系疾患、残りの半数の方はその他の診療科の患者さまとなっています。
リハビリテーション室では、下記の運営理念と医師の指示の下、理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚士1名のほか、助手、受付を含めたスタッフの協力のもと、より良い急性期リハビリテーションを提供できるように取り組んでいます。
リハビリテーション室運営理念
  1. 急性早期の患者さまを中心にリハビリテーションを行う。
  2. 患者さまへリハビリテーションの説明をし、同意を得て、患者さま中心のリハビリテーションを提供する。
  3. 医療事故を防止し、患者さまから信頼される、安全で安心なリハビリテーションを目指す。

リハビリテーション室は2階にあり、窓が大きく開放的な空間です。また必要に応じて、病棟や屋外で行うこともあります。

リハビリテーション室イメージ