公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

脳神経外科

多摩地域の地域医療に携わり20年が経過しました。
今後も「多摩南部地域病院脳神経外科は、心が通った信頼できる診療科である」と地域の皆様から言っていただけるよう努力してまいります。

本院で脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い

医師紹介

和智 明彦(わち あきひこ)院長
専門:
頭部外傷、頭蓋内圧亢進症、正常圧水頭症(高齢者歩行障害、認知症)、漢方治療
資格:
日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医、日本東洋医学会漢方専門医・参事、日本脳神経外科漢方医学会評議員、日本臨床漢方医学会副理事長、身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
多田 博史(ただ ひろし)部長
専門:
脳神経外科一般(主に脳血管障害)
資格:
日本脳神経外科学会専門医・評議員、身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
春日 千夏(かすが ちなつ)
専門:
脳神経外科一般、脳腫瘍
資格:
日本脳神経外科学会専門医
小池 順平(こいけ じゅんぺい)(公社医員)名誉院長
専門:
脳血管障害、脳腫瘍、頭頚部外傷、脊髄外科
資格:
医学博士、日本脳神経外科学会専門医・評議員、日本頭痛学会専門医・指導医、日本リハビリテーション学会認定医、日本医師会認定産業医、身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
松岡 秀典(まつおか ひでのり)(公社医員)
専門:
脊椎脊髄疾患
資格:
日本脳神経外科学会専門医、日本脊髄外科学会指導医

とりあつかう疾患・症状

  • 頭が痛む
  • 片方の手足の脱力、ふらつく、めがまわる
  • 急に呂律がまわらなくなった、言葉が出なくなった
  • 一時的に片方の目が見えなくなった
  • 上記症状の原因として脳腫瘍、脳血管の病気(出血、梗塞、血管奇形)、頭部外傷後の出血などが含まれる可能性があり脳神経外科の治療対象となります。
  • 片側顔面のけいれんや神経痛なども脳神経外科の治療対象となります。
  • 特発性正常圧水頭症(iNPH)は高齢者に多く、活動性の低下、歩行障害、物忘れ、尿失禁など多彩な症状を示し、脳神経外科的手術で改善する可能性のある疾患です。

外来について

    通常外来
    月曜日~金曜日の午前中(9時から12時まで)で地域医療機関よりの紹介予約制です。(変更になることがあります)
    救急外来
    月曜日~金曜日の午前・午後、ならびに土曜日午前中(9時から12時まで)で紹介は不要です。
    専門外来
    (1) 脳卒中外来、(2)しびれ外来(脊椎脊髄症疾患)、(3) 正常圧水頭症(物忘れ)、(4) 漢方外来、(5)頭痛外来を実施しております。
    (詳しくはお問い合わせください)

入院について

  • 入院治療では複数の医師、看護師、薬剤師、理学療法士、地域連携室職員、医療相談員等でチーム医療を行っております。
  • わかりやすい治療計画(クリニカルパス診療)に沿った診療を実施しております。
  • 疾患別では多いものは急性期脳卒中、脳腫瘍、脳動脈瘤、慢性硬膜下血腫です。
  • 手術の説明はご本人およびご家族の方々にわかりやすくおこなっております。