公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

病理検査

病理組織診断とは

胃や大腸の内視鏡検査のときに採取された組織や、手術で摘出された臓器から標本を作製して、それを顕微鏡で観察して病気の種類や進み具合を診断する医師免許が必要な医行為です。腫瘍か腫瘍でないか、腫瘍でなければどのような病気なのか、腫瘍なら悪性か良性か、悪性なら進行の早いものか、どこまで進んでいるのか、転移の可能性はどうか、など詳細な検索をします。
病気はそれぞれ治療方法が異なり、的確な治療をするためには正確に病気の種類を診断しなくてはなりません。正確な診断をするためには専門的な知識が必要で、日本病理学会(外部リンク:別ウインドウで開きます)が認定した病理専門医が診断をしています。
術中迅速診断もおこなっています。手術により摘出された臓器・組織の断端を調べ病変が取り切れたかを確認するため、または癌の転移が疑われる部分を調べ手術で切除する範囲を決めるために行われます。術中迅速診断では組織が採取されてから十数分で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。術中迅速診断を行うためには専用の設備とそれを扱う臨床検査技師、そして診断をする病理専門医が勤務する病理検査室が必要不可欠です。
病理組織診断の流れ

細胞診とは

細胞をスライドガラスに塗り、染色をして標本にしたものを顕微鏡で観察して病気の種類を考える検査です。尿や痰、粘膜を綿棒や特殊な採取器具で擦り採ったもの、または体の中のしこりを注射針で刺して採ったものを検査に使用します。よく行われるのは婦人科のがん検診や肺がん検診などの癌の検査で、採取された細胞中の癌細胞の有無を調べます。癌以外にも良性の腫瘍や感染症もわかります。
細胞診の検査は日本臨床細胞学会(外部リンク:別ウインドウで開きます)で認定された細胞検査士がまず検査をし、その後細胞診専門医によって診断されます。
細胞診の流れ
ご遺族から承諾をいただき、亡くなられた患者さんのご遺体を解剖させていただくもので、死因は何か・生前の診断は正しかったか・病気の進行度・治療の効果などを判断します。ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとに戻されます。解剖には治療にあたった主治医が立会い、病理解剖の肉眼診断は解剖を行った病理医から主治医に報告され、ご遺族に説明されます。その後顕微鏡的所見も含めた最終診断を行います。病理解剖の結果は今後の治療ならびに医学の進歩に大きく貢献します。

病理解剖とは

ご遺族から承諾をいただき、亡くなられた患者さんのご遺体を解剖させていただくもので、死因は何か・生前の診断は正しかったか・病気の進行度・治療の効果などを判断します。ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとに戻されます。解剖には治療にあたった主治医が立会い、病理解剖の肉眼診断は解剖を行った病理医から主治医に報告され、ご遺族に説明されます。その後顕微鏡的所見も含めた最終診断を行います。病理解剖の結果は今後の治療ならびに医学の進歩に大きく貢献します。

その他

生理検査室や放射線科と協力して乳腺病変の症例検討会を開催しています。超音波検査、マンモグラフィー、MRI、細胞診、病理組織診断の結果を照らし合わせ、科や分野を越えた交流と乳腺病変の見識を深めています。