公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

輸血検査

輸血検査室の業務内容

ABO・Rh(0)D血液型、不規則性抗体検査、直接・間接クームス試験、交差適合試験等の輸血関連検査と、輸血用血液製剤の発注・保管管理、手術前に患者さん自身より採血した自己血の保管・管理を行っています。
また、特殊な血液を必要とする患者さんに対して輸血が必要となったときは、安全に使用できる輸血用血液製剤を確実に準備することで、安心して手術・治療を受けていただけるよう、日本赤十字社血液センターと調整を行うことも重要な業務の一つとなっています。
さらに輸血療法の円滑な実施と善意の血液の有効活用を推進するために、輸血用血液製剤の出入庫実績を統計調査して検査・輸血療法委員会に報告し、院内における輸血用血液製剤の適正使用案内等に努めています。

ABO・Rh(0)D血液型検査とは

ABO・Rh(0)D血液型検査とはイメージ世間一般的に「血液型」と呼んでいるものです(例:A型のRhプラスなど)。
手術時や輸血が必要な患者さんには、ご本人またはご家族の方が「○○型です。」と、自己申告されたときでも各医療機関では再確認の意味合いも含め、必ず前もって血液型を調べます。
こうして輸血の際には、一部の特殊な場合を除き必ずABOが一致している血液型のものを使用します。
さらに、患者さんがRhマイナスと判定された際には、これも一部の例外を除きRhマイナスのものを使用します(但し、Rhプラスの患者さんにRhマイナスの血液を輸血することは、このこと自体が原因となって発生する問題が一切無いため、行われることがあります)。
もし、この時に特殊な血液型(亜型など)であることが疑われた場合には、もっとも輸血に適した血液型の血液製剤を使用するために、さらに詳しく精査を行います。

不規則性抗体検査とは

不規則性抗体検査とはイメージ ヒトにはABOとRhの+・-以外でも数多くの血液型が存在しています。それらの血液型には「不規則性抗体」が関係しています。
この「不規則性抗体」は、輸血時に問題となることもあるので、患者さんの「不規則性抗体」の有無を確認することが重要となります。
そのため、輸血を必要とする患者さんは「不規則性抗体」をもっているかどうかを確認する検査(スクリーニング検査といいます)を行います。
この検査で『陽性(不規則性抗体が存在している)』と判定された方は、その不規則性抗体がどのようなものであるかを確定する検査(同定検査といいます)を行います。
こうした検査を行うことで、患者さんにより適した血液を輸血することができます。

交差適合試験とは

不規則性抗体検査とはイメージ
実際に輸血を行う前に、患者さんの血液と血液製剤とを「交差」させて反応するかを確認し、「適合」するかどうかを判定する検査です。
原則として、必ずこの検査に合格した血液製剤(適合であると判定された血液製剤)のみを、輸血に用います。
交差試験が適合となるためには、
  1. 血液型が同型である。
  2. 患者さんの血液中に血液製剤と反応して、血球を壊してしまうような抗体がない。
という条件がそろったときに、初めて合格します。

献血された血液が輸血に使用されるまで

善意の献血者の皆さんに頂いた貴重な血液は、以下のような流れを辿って医療機関に供給されています。
献血された血液が輸血に使用されるまでイメージ
献血会場では詳細な問診等を行い、献血可能であると判定された皆さんから採血をします。
献血には、「全血献血」と「成分献血」の2通りがあり、それぞれ目的とする血液成分によって採取方法が異なります。
採取された血液は「日本赤十字社 血液センター」に送られ、ここで血液製剤に調製されます。血液製剤は製品適合検査を行い、全ての検査で合格と判定された製剤が血液センターから医療機関へ届けられます。
医療機関に届けられた血液製剤は、我々臨床検査技師によって患者さんに使用可能であるかをチェックするための「交差適合試験」を行います。この検査で使用可能であると判定された血液製剤が、患者さんの輸血に用いられます。
この様に血液製剤が輸血に用いられるまでには、何重ものチェックが行われています。