公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

細菌検査

細菌検査は、患者さんから提出された喀痰や尿などを検査することにより、細菌感染を起こしているかどうかを調べる検査です。
最近新聞紙上を賑わしている多剤耐性緑膿菌(MDRP) 、院内感染等で有名になったメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) 、再興感染症で注目される結核菌感染症等、さまざまな感染症は現在においても脅威です。
そこで細菌検査室では、治療を行う際に必要な原因菌の特定と、有効な薬剤(抗生物質)を選択する際に必要な薬剤感受性検査(どの抗生物質が有効かを調べる検査)を最新の検査機器を使用し、専門の臨床検査技師が行っています。
また、検査データーの集積や解析等から院内感染を起こさないように、環境等の検査も行い、院内感染を防ぐ努力も行っています。

細菌検査の方法と流れ

1. 塗抹検査
検査材料をスライドグラス(ガラス板)に塗り、染色して顕微鏡で細菌の有無・量・形態などを観察します。細菌は非常に小さいので1000倍の倍率で観察します。
2. 分離培養
分離培養イメージ喀痰や尿等の検査材料の種類や目的菌等により、発育しやすい培地と培養条件を選択して培養(35~37℃フラン器で約18~48時間)します。
3. 同定・薬剤感受性検査
分離培養イメージ 同定検査
培養し発育した病原菌があれば、その菌の形態・性状等を調べ、何の菌かを決定します。
薬剤感受性検査
菌名が判明したら、どんな薬剤に効果があるかを調べます。現在は両検査とも最新の自動機器で測定し、出てきた成績は臨床検査技師の確認を経て臨床医に報告されます。
検査結果がわかるまで
細菌検査には菌を増やす「培養」という時間のかかる工程があり、その時間の長さは菌の発育速度により異なります。
その後に同定検査や感受性検査を行うため結果がでるまでに2~4日かかります。
結核菌および抗酸菌(結核菌に類似の菌群)は発育速度が遅いので最終報告までに2ヶ月を要します。

細菌検査室から材料提出に関するお願い

苦労してやっと採ってきた検査材料も適切な検体でなければ治療に役立つ結果を出すことができません。 以下の「正しい痰のとり方」を参考にして、痰の採取をしてください。
喀痰検査のための正しい痰のとり方
  1. 水道水で数回うがいをしてください。
  2. その後、口の中を水でゆすいでください。
  3. 大きく深呼吸します。
  4. 2、3回せきばらいしてから容器に痰を出してください。
  5. 採取容器の蓋をしっかりと閉めてください。

細菌のお話

キャンピロバクター菌
キャンピロバクターイメージこの菌は、食中毒を起こす菌です。鶏肉(生食ないし生焼け)等を摂取したときに腹痛から始まり下痢、血便等の症状が起こってきます。
潜伏期は平均して2~5日程度で、その後に症状が出てきます。
くれぐれも鶏肉の生焼け(焼き鳥も)は避けて、十分に火を通して食べるようにしてください。
結核菌
結核菌イメージ結核は、咳や痰・疲労感や発熱等の風邪とよく似た症状から始まります。
咳や痰が2週間以上続く場合は、単なる風邪だろうと思わず、結核も疑い医師の診察を受けることをお勧めします。