公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

生化学・血液・一般・免疫検査

生化学・血液・一般・免疫検査イメージ生化学・血液・一般・免疫検査イメージ検体検査の中でも生化学検査・血液検査・一般検査・免疫検査は院内委託方式で行われ、土・日・夜間・祝祭日の緊急検査にも24時間体制で対応しています。

生化学検査

生化学検査イメージ生化学検査イメージ
血液や尿の成分(電解質・酵素・脂質・糖質・蛋白質など)を自動分析装置で測定しています。
病気の状態によって変化する様々な検査項目を組み合わせる事で病気の診断・治療に役立っています。

血液検査

血液検査イメージ測定機器を用い、赤血球(RBC)、白血球(WBC)、ヘモグロビン濃度(Hb)、ヘマトクリット(Ht)、血小板(PLT)の数を算定し、また白血球の5分類(好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球)の割合をみます。
病気によってこの5分類の割合が変わってくるので炎症や貧血の程度を調べるのに有効です。
また血液形態の観察のためには、血液をスライドガラスに塗抹してから染色を施し鏡検しています。
凝固検査は、プロトロンビン(PT)、活性化部分トロンボプラスチン(APTT)、フィブリノゲン(Fbg)、トロンボテスト(TT)の4項目を測定しています。
凝固検査とは血液が固まるまでの時間を調べるもので、手術前の検査として行われたり、血栓を溶かす薬の治療効果を見るための検査です。

一般検査

尿を中心に、便・穿刺液・髄液の検査をしています。
尿中に出てくる細胞を鏡検する事で腎・尿路の病気を見つける事ができます。
迅速診断キットによる、インフルエンザ・アデノ・RS・ロタ・ノロウイルスなどの検査もここで行います。

免疫検査

感染症の有無・血中薬物濃度(患者さんの治療薬が適性に投与されているかや、有効な濃度に保たれているかを調べる検査です)の測定をしています。
院内で腫瘍マーカーの検査としてPSA(前立腺特異的抗原)AFP・CEA・CA19-9の測定や甲状腺検査を開始するなど、新たな検査項目の導入も積極的に行っています。