公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

泌尿器科/尿路結石治療センター
Urology/Urinary tract stones treatment center 泌尿科

泌尿器科で診る病気には(1)腎臓、膀胱、前立腺、精巣などの癌(2)前立腺肥大症、副腎腺腫のような良性腫瘍(3)膀胱炎や腎盂腎炎などの炎症(4)尿路結石(5)尿失禁などの、排尿および蓄尿障害のほか不妊症や包茎など、尿路や男性性器の疾病全般を扱っております。レーザー装置による前立腺肥大症や結石破砕の手術を行っており手術の件数も増加しています。

The Urology Division provides services relating to diseases and organs as follows: 1) genitourinary cancer (kidney, bladder, prostate, ureter, and testis), 2) benign tumor (benign prostatic hyperplasia, adrenal tumor, and retroperitoneum tumor), 3) urinary tract infection (cystitis, pyelonephritis, prostatitis, and epididymitis), 4) urolithiasis, 5) general genitourinary disease including urinary incontinence, infertility, phimosis, and so on.

医師紹介 Doctors 医生介绍

北原 聡史(きたはら さとし)Satoshi KITAHARA, Director部長
専門:
Specialty
悪性腫瘍、内分泌、不妊症、性機能障害
Genitourinary cancer, endocrine disease, infertility, sexual dysfunction
資格:
Qualification
日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医
東京医科歯科大学臨床教授
矢野 雅隆(やの まさたか)Masataka YANO, Head Physician副部長
専門:
Specialty
泌尿器癌、排尿障害、尿路・男性性器悪性腫瘍、尿路結石、他泌尿器全般
Genitourinary cancer, voiding dysfunction
資格:
Qualification
日本泌尿器科学会専門医・指導医
東京医科歯科大学臨床准教授
インフェクションコントロールドクター
日本DMAT隊員
身体障害者福祉法指定医(ぼうこう又は直腸の機能)
小林 秀一郎(こばやし しゅういちろう)Shuichiro KOBAYASHI医長
専門:
Specialty
泌尿器癌、ミニマム創手術、膀胱温存療法、泌尿器科一般
Genitourinary cancer, minimum incision endoscopic surgery, bladder-sparing treatment
資格:
Qualification
日本泌尿器科学会専門医・指導医、医学博士、がん治療認定医
東京医科歯科大学臨床講師

とりあつかう疾患・症状(Diseases and symptoms)泌尿疾病、症状

当院は癌と救急を主な対象としておりますが、当科では尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)や男性生殖器(前立腺・陰茎・精巣)における下記疾患を中心に、副腎や後腹膜を含め幅広く診察、治療(主に手術)を行っています。5.については矢野が、6.については北原が主に対応します。
疾患 Urological diseases (Common diseases) 疾病
  1. 腫瘍(癌など): 腎癌、膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症、精巣(睾丸)癌など。
    Cancer and tumor: Kidney (renal) cancer, Bladder cancer, Prostate cancer, Testicular cancer, Penile cancer, Benign prostate hyperplasia, Adrenal tumor, Retroperitoneal tumor, etc.
  2. 先天的異常(奇形): 膀胱尿管逆流、腎盂尿管移行部狭窄、包茎、尿膜管遺残など。
    Congenital diseases: Hydronephrosis (PUJ stenosis), VUR (Vesicoureteral reflux), Phimosis, Urachal fistula, etc.
  3. 結石: 腎結石、尿管結石、膀胱結石など。
    Urolithiasis: Renal stone, Ureteral stone, Bladder stone, treated with medical expulsive therapy (MET), Extracorporeal shock wave lithotripsy (ESWL), Transurethral lithotripsy (TUL), and Percutaneous nephrolithotripsy (PNL)
  4. 感染症: 腎盂腎炎、前立腺炎、膀胱炎、精巣上体(副睾丸)炎、性感染症など。
    Urinary tract infection: Pyelonephritis, Prostatitis, Cystitis, Epididymitis, Sexually transmitted disease, etc.
  5. 排尿(蓄尿)機能障害: 神経因性膀胱、尿失禁、過活動膀胱、夜尿症など。
    Disorders of urinary storage and urination: Incontinence, Over active bladder (urinary urgency), Neurogenic bladder, Nocturia, Nocturnal enuresis, etc.
  6. 男性機能障害: 不妊症、男性更年期障害、勃起不全など。
    Male sexual dysfunction: Male infertility, Late onset hypogonadism (male climacteric disorders), Erectile dysfunction, etc.
  7. その他: 陰のう水腫、尿道狭窄症、精索静脈瘤、後腹膜線維化症、精索捻転、外傷など。
    Others: Hydrocele, Varicocele (Testes), Urethral stenosis, Retroperitoneal fibrosis, Torsion of spermatic cord, Injury (Trauma) of genitourinary organ etc.
症状 Symptoms 症状
  1. 尿が出にくい、近い、漏れる。尿をするときに痛い。
    Urination difficulty and/or frequency, incontinence (wet underwear), Micturition pain.
  2. 尿が赤い、にごっている。精液が赤い。
    Hematuira (bloody urine), Cloudy Urine, Hematospermia (blood in semen).
  3. 脇腹が痛い(泌尿器科以外の原因も多いです)。
    Flank pain (which often results from non-urological diseases like colon, ovary, vascular, vertebrae, etc.).
  4. ペニスや睾丸、陰のうが腫れている、痛い。
    Pain and/or swelling of penis, testis or scrotum.
  5. 子供ができない。勃起がうまくできない。
    Infertility, Erectile dysfunction.
  6. 性器の発達が遅れている、ほかの人と違うようだ(男子)。
    Under-development of male external genitalia.
健康診断で Problems in Physical checkup 体检的结果
  1. 尿に血が混ざっている、にごっている。
    Microscopic hematuria, Pyuria
  2. 50歳以上の男性で血中PSA値が高い。(50歳代>2.5、70歳代>4.0)
    Elevation of serum prostate specific antigen (PSA) level >2.5ng/ml in 50s, >4.0ng/ml in 70s.
  3. 腹部超音波で腎、膀胱、前立腺に異常があるといわれた。
    Abnormal findings of adrenal gland, kidney, bladder, and prostate by abdominal ultrasound screening.

外来・検査について 门诊病人

診察(初診でも)当日には検尿や血中PSA値などが当日に結果がわかります。超音波検査も主治医が当日検査をしますので、その日のうちに結果をお話できます。
その他CT、MRIなどの検査は予約が必要ですが、外来にて行われ、基本的には検査当日に結果をお話します。
手術が決まりましたら、自己血の用意など、できるだけ準備を外来で行い。ほとんどの場合は手術の前日に入院となります。

前立腺がんと前立腺生検について: Prostate cancer and prostate biopsy

前立腺がんは日本人の生活の欧米化などに伴い、発生率が急激に増加しております。また、血中PSA(前立腺の腫瘍マーカー:正常値は一般には4ng/ml以下ですが、50歳代であると2.5ng/ml以下と考えたほうがよい)測定を健診で行うようになって、早期のがんが多く発見されるようになりました。
診断は、触診、MRIと前立腺針生検にて行いますが、最終的には前立腺針生検にて診断されます。当院では、経会陰的(股間)より局所麻酔を用いて14箇所(+狙撃部位)の針生検を1泊入院にて行っています。最近では年間150名以上の針生検を1泊入院で行っておりますが(別表参照)、検査入院が出血や発熱などで延びることは1%程度です。生検により約5割に前立腺癌が発見されています。

副腎偶発腫(副腎腫瘍)について: Incidentaloma of the adrenal gland
健診や腹部症状の検査において、CT等で1~4%に発見される比較的頻度の高い疾患です。精査すると半分は治療の必要ないホルモン非産生良性腫瘍ですが、コルチゾール産生腫瘍(プレ・クッシング症候群を含む)、褐色細胞腫、アルドステロン産生腫瘍等の治療の必要となる疾患や、癌等の発見も少なくありません。当科にて精査し、必要があれば手術します。

尿路結石治療センター:Urinary tract stones treatment center

はじめに

当院では2011年より尿路結石に対して内視鏡下にレーザーで治療を行う経尿道的結石砕石術(TUL)を開始し、大きな腎結石には経皮的結石破砕術(PNL)を行っております。2016年には体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を導入し、現在は全ての尿路結石への低侵襲な治療が可能となりました。そこで2017年年7月、尿路結石治療センターを開設いたしました。お仕事の都合や症状に合わせて迅速かつ最適な治療を行います。TULは3泊4日の短期入院で可能です。ESWLは受診当日から1週間以内に日帰り入院で治療を行っています。

患者さんをご紹介下さる医療機関の方へ

尿路結石外来枠がありますので、予約センター(042-373-5489)にお問い合わせください。診療情報提供書と、X線写真などの画像があればお持ちください。尿路結石の確定診断がなくても当院で精査加療いたします。疼痛発作などの緊急時も随時対応いたしますので病院にご連絡いただければ幸いです。

体外衝撃波結石破砕術:ESWL (Extracorporeal shock wave lithotripsy)

ESWLとは衝撃波を使用して体外から尿路結石を砕く方法です。内視鏡を挿入せず、皮膚も切らずに治療ができ、結石の部位を問わず治療が可能です。体の負担が少ないため、当科では日帰り入院で行っています。また迅速な治療を心がけており、診断から数日以内にESWLをできるような体制を整えております。

体外衝撃波結石破砕術

ドルニエ Delta II (ドルニエ社製)

レーザーによる尿路結石の砕石: TUL (Transurethral Lithotripsy)、PNL (Percutaneous nephrolithotripsy)

尿管結石や腎結石の手術治療として、結石の大きさ、部位などによって経尿道的結石破砕術(TUL)が行われています。また大きい(2cm以上)腎結石については経皮的結石破砕術(PNL)が選択されます。TULは経尿道的に内視鏡を尿管内に挿入し、直接結石を見ながらレーザーで砕石し破砕片を回収する手術です。近年は、より細く、柔軟性に富む内視鏡である細径軟性鏡を使用した手術(f-TUL)により、より体の負担が軽い治療が可能となっております。PNLは背中に小さな穴を開けて、その穴に内視鏡を挿入し腎臓の結石をレーザーで砕く手術です。PNLもTUL同様に細い内視鏡である細径腎盂鏡を使用した手術(miniPNL)を行っております。

体外衝撃波結石破砕術

細径尿管鏡(オリンパス社製)

手術について: on surgery 手术

当科では平成19年度より、開腹の場合皮膚切開を5-6cm程度とし、内視鏡をつかった手術を行っております。術後の傷の痛みや感染を軽減し、早期の離床(ベットから離れること)や退院を目指しています。また腎癌、膀胱癌の機能温存を目的とした低侵襲治療を積極的に導入しております。ホルミニウム・レーザーによる前立腺肥大症および尿路結石に対する治療を積極的に行っております。また平成28年度から腎癌、腎盂尿管癌などに対する腹腔鏡手術を導入しております。
前立腺癌の小切開手術 (minimum incision endoscopic radical prostatectomy for prostate cancer)
鏡視下小切開前立腺全摘術

鏡視下小切開前立腺全摘術
(東京医科歯科大学ホームページより)

皮膚5-6cm程度の小切開で、内視鏡を用いて手術を行っております。多くの場合は術前に自己血貯血を行い、手術中に返血(自己血輸血)しており、その他の輸血することはほとんどありません。手術の前日入院で合併症を認めることはわずかで入院期間は10~15日がほとんどです。
腎癌(無阻血腎部分切除)(clampless partial nephrectomy for renal cancer)
皮膚5-6cm程度の小切開で、内視鏡を用いて手術を行っております。小さい腎癌に対しては無阻血腎部分切除を積極的に行っています。これは、腎臓を温存する(部分切除)だけではなく、腎血流を遮断しない(無阻血)ことにより術後の腎機能をできるだけ温存することを目的にしています。出血についても輸血が必要になることはほとんどありません。手術翌日から歩行可能で入院期間は7-10日以内がほとんどです。
浸潤性膀胱癌に対する膀胱温存療法 (Bladder-sparing treatment for muscle-invasive bladder cancer)
浸潤性膀胱癌の標準的な治療としては膀胱全摘除を推奨していますが、高齢、心臓や肺など合併症があり膀胱全摘除という大きな手術を受けるにはリスクが高い場合、尿路変向をどうしてもしたくないという強い希望がある場合などに、当科では膀胱温存療法として、化学放射線治療+膀胱部分切除を行っています。この治療は膀胱全摘除と異なり尿路変向が不要なためストマの管理や自己導尿といったことが不要で、自然な排尿ができるため患者さんの生活の質(QOL)が良好となり得ます。ただし膀胱温存療法の適応は膀胱以外に転移がなく、かつ膀胱全体に癌が広がっていないことが原則です。
詳しくは担当医とご相談ください。
腎癌、腎盂尿管癌などに対する腹腔鏡下手術:Laparoscopic surgery for renal/upper urinary tract cancer
腹腔鏡手術とは1-2cmの小さな傷を開け、二酸化炭素で腹腔内を膨らませて細い内視鏡や手術器具を用いて手術を行う方法です。
従来の開腹手術より傷が小さい、出血量が少ない、回復が早いといった特徴があります。
泌尿器科疾患では副腎、腎臓、前立腺などで腹腔鏡手術が行われており、当科でも腎癌、腎盂尿管癌などに対し腹腔鏡手術を導入しております。
ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP): Holmium Laser Enucleation of the Prostate (HoLEP) for benign prostatic hyperplasia
前立腺肥大症の手術はこれまで経尿道的前立腺切除(TUR-P)といって電気メスで少しずつ削る方法が一般でしたが、ホルミニウム・レーザーによる前立腺の腺腫(こぶ)の核出(剥離して膀胱内に押し出す)し、モーセレーターによる細切・吸引により腺腫の摘出がより正確に短時間で行えるようになりました。当科でも平成22年度よりHoLEPを開始しました。入院期間は手術前日入院で5~7日がほとんどです。

正常前立腺と前立腺肥大の状態 正常前立腺と前立腺肥大の状態

HoLEP(ホルミニウム・レーザーによる前立腺腺腫核出術)とTUR-P(経尿道的前立腺切除術)のイメージ図HoLEP(ホルミニウム・レーザーによる前立腺腺腫核出術)とTUR-P(経尿道的前立腺切除術)のイメージ図

(ボストン・サイエンティフィックホームページより)

HoLEPの手順イメージ3図 HoLEPの手順イメージ3図 HoLEPの手順イメージ3図 HoLEPの手順イメージ3図

(ボストン・サイエンティフィックホームページより)
女性腹圧性尿失禁に対するTVT手術: TVT(Tension-free Vaginal Tape) for female stress urinary incontinence
咳、くしゃみや立ち上がった拍子などに尿が漏れる腹圧性尿失禁は女性に多く見られる病気です。尿失禁の程度が軽い場合には運動(骨盤底筋体操)や薬(薬物療法)で治療を行いますが、漏れる量が多い場合には手術を行います。当科ではメッシュでできた人工テープで尿道を支えるTVT手術を行います。
最近の手術件数 (Number of surgical treatments in recent years)
年度
(year)
H24
2012
H25
2013
H26
2014
H27
2015
H28
2016
H29
2017
腎摘除術(腎癌)
Radical nephrectomy for renal cancer
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
9 3 9 7
9
(6)

7
(6)
腎部分切除術(腎癌)
Partial nephrectomy for renal cancer
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
8 5 13 14 7
8
(5)
腎・尿管全摘/尿管部分切除術(腎盂・尿管癌)
Nephroureterectomy for renal pelvic/ureteral cancer
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
4 7 9 6
5
(3)

6
(6)
副腎摘除術(副腎腫瘍)
Adrenalectomy for adrenal tumor
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
2 1 0 0 1
1
(1)
TUR-P(経尿道的前立腺切除術:前立腺肥大症)
Transurethral resection of prostate for benign prostatic hyperplasia
2 3 1 0 1 0
HoLEP(経尿道的レーザー前立腺核出術:前立腺肥大症)
Holmium laser enucleation of the prostate for benign prostatic hyperplasia
56 65 58 56 61 63
TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術:膀胱癌)
Transurethral resection of bladder tumor for bladder cancer
92 96 79 116 113 92
前立腺全摘除術(前立腺癌)
Radical prostatectomy for prostate cancer
28 21 24 26 24 28
膀胱全摘+膀胱部分切除術(浸潤性膀胱癌)
Total cystectomy/Partial cystectomy for muscle-invasive bladder cancer
5 5 7 11 9 5
TUL(経尿道的結石破砕術:尿路結石)
Transurethral lithotripsy for urolithiasis
37 37 35 45 44 55
PNL(経皮的結石破砕術:尿路結石)
Percutaneous nephrolithotripsy for urolithiasis
2 3 6 1 8 5
経尿道的手術(膀胱結石・異物)
Transurethral operation for bladder stone and foreign body
10 8 22 10 13 18
TVT手術(腹圧性尿失禁)
Tension-free vaginal tape for female stress urinary incontinence
0 2 0 1 1 0
ESWL(体外衝撃波結石破砕術:尿路結石)
Extracorporeal shock wave lithotripsy for urolithiasis
- - - 13 65 50
その他(陰のう、腎ろう造設など)
Others (nephrostomy etc.)
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
85 108 98 119 101
85
(2)

(Total operation/year)
(うち腹腔鏡手術)
(Laparoscopic surgery)
340 364 361 425 462
423
(20)
前立腺針生検(前立腺癌の疑い)
Prostate biopsy in patients with suspected prostate cancer
178 163 139 168 150 164