公益財団法人 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院 地域医療支援病院 医療機能評価認定病院

診療科・部門のご案内

外科

消化器、乳腺癌を外科手術中心に、化学療法・放射線療法を駆使し、総合的に治療を行います。
特に消化器疾患に関しては、出身医局東京女子医科大学消化器病センター創設者、中山恒明先生の教えにより、診断から治療まで一括して、レントゲン造影・内視鏡検査ならびに治療も行っております。腹腔鏡下手術は安全性の担保された、胃癌・結腸癌・直腸癌・ヘルニア・腸閉塞に導入しております。
診療にあたっては病状や治療法の説明を丁寧に行い、患者さんに最善の医療を選択、提供すべく日々努力しています。
また、学会専門医関連では、日本外科学会専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設、日本消化器病学会専門医制度修練施設、日本内視鏡学会専門医制度修練施設、日本消化器外科肝臓病学会専門医制度修練施設となっています。

National Clinical Databaseに参加しています。[PDF形式:1MB]

医師紹介

重松 恭祐(しげまつ きょうすけ)副院長
専門:
消化器外科全般、特に膵・胆道癌の外科治療、全胃温存膵頭十二指腸切除等の機能温存手術、乳腺外科治療、緩和医療
資格:
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器病学会指導医、日本がん治療認定医機構認定医、医学博士
桂川 秀雄(かつらがわ ひでお)部長
専門:
肝胆膵外科、肝癌マイクロ波・ラジオ波凝固療法、研究「肝切除中の門脈圧変化」「成人生体肝移植過小グラフトの検討」
資格:
日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本消化器病学会専門医、日本医師会認定産業医、日本肝移植研究会会員、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、医学博士、移植学会認定医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本肝胆膵外科学会評議員、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸の機能障害、小腸機能障害)
手塚 徹(てづか とおる)副部長
専門:
大腸外科学、大腸内視鏡診断治療学
資格:
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医、日本医師会認定産業医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸の機能障害、小腸機能障害)
畑地 健一郎(はたじ けんいちろう) 医長
専門:
肝胆膵外科、内視鏡外科、消化器外科一般、消化器内視鏡
資格:
日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医
古川 健司(ふるかわ けんじ)医長
専門:
消化器外科、消化器内視鏡、がん栄養療法
資格:
日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本食道学会認定医、日本抗加齢医療学会専門医、NST医師 高濃度ビタミンC点滴療法認定医、日本臨床栄養学会認定臨床栄養医、日本大腸肛門学会会員、日本乳癌学会会員、日本静脈経腸栄養学会会員
林 隆広(はやし たかひろ)
専門:
消化器外科、ERCP、内視鏡外科
資格:
日本外科学会専門医、医学博士
玉置 秀司(たまき しゅうじ)
専門:
上部、下部等の一般消化器疾患(主に腹腔鏡での手術)
舘野 佑樹(たての ゆうき)
専門:
一般外科
資格:
日本外科学会専門医
石井 雅之(いしい まさゆき)
専門:
消化器外科、一般外科
資格:
日本外科学会専門医
山崎 希恵子(やまざき きえこ)(公社医員)
専門:
乳腺外科
資格:
マンモグラフィ読影認定医、日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本乳癌学会専門医
金田 祥明(かなだ やすあき)(公社医員)
専門:
上部・下部消化管内視鏡、消化器・一般外科
相原 永子(あいはら ひさこ)(公社医員)
専門:
一般外科
矢木 雅之(やぎ まさゆき)(公社医員)
専門:
消化器外科、一般外科
出雲 渉(いずも わたる)(公社医員)
専門:
膵臓疾患
資格:
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
新垣 美郁代(あらがき みかよ)(公社医員)
資格:
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医

とりあつかう疾患・症状

消化器外科全般
消化管(食道、胃、十二指腸、大腸):
胃癌・大腸癌は難易度の高い内視鏡での切除(ESD)も行っており、手術も腹腔鏡下手術を導入しております。また、2016年7月より最新の小腸・大腸に対するカプセル内視鏡も導入しました。
肝臓、胆嚢、膵臓:
東京女子医大消化器病センターと連携し、内視鏡診断治療(ERCP/超音波内視鏡)から肝癌ラジオ派凝固療法・肝胆膵癌の手術を行っております。
乳腺の外科
乳癌(適応例には、術中リンパ節迅速診断と共に乳房温存療法も行っています)、その他
一般外科
鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、小外科。最近多くなっている、鼠径ヘルニアに腹腔鏡手術(TAPP)を導入しております。
外科救急疾患
急性腹症、外傷、吐下血など

外来について

一般外来 月曜日~金曜日は2診体制で曜日ごとに担当医を定めてあります。
救急外来 曜日ごとに担当医を定め、対応しています。
初診外来 肝腫瘍外科初診外来(月曜日・午後)、乳腺初診外来(水曜日・午後)、成人ヘルニア初診外来(木曜日・午後)

検査について

X線造影検査(上部消化管、大腸)、内視鏡検査(上部消化管、大腸)、内視鏡検査の応用としてのポリペクトミー、粘膜切除術、止血処置なども行っています。
さらにERCP(内視鏡下逆行性胆管・膵管造影)、PTCD(経皮経肝胆道ドレナージ術)なども行なっています。
検査例数(29年度)
内視鏡検査 例数
上部消化管 1,252
下部消化管 1,707
ERCP 141
3,100
内視鏡下処置 例数
ERBD 70
内視鏡下切石 33
胃瘻造設 2
ステント 27
ブジー 18
ESD 27
上部EMR 2
下部EMR 579
上部・下部止血 57
色素内視域 140
イレウス 3
異物除去 3
ポリペク 48
ENBD 5
EPBD 13
EST 34
膵管ステント 3
EVL 1
1,065

手術について

手術件数は、年間587例で、うち263例を悪性疾患が占めています。
悪性疾患では、大腸癌(100例)が一番多く、次いで乳癌(46例)、胃癌(44例)と続き、原発性・転移性肝癌、膵癌、胆道癌の手術も積極的に行っております。良性疾患では、鼠径ヘルニア、胆石症が多く行われました。腹腔鏡下手術も積極的に行っており、胆石症においてはほとんどに腹腔鏡下手術が行われています。また大腸癌手術もチームを作成して腹腔鏡下手術を導入し、更に虫垂炎手術・イレウス解除手術にも適応を拡大しております。更に現在腹腔鏡下胃切除術も導入しております。

手術例数(29年度)
手術 例数
定時手術 522
緊急手術 65
587
疾患別手術例数(29年度)
悪性疾患手術例 例数
<消化器>
大腸癌 100
胃・十二指腸癌 44
膵胆道癌 13
肝癌(原発性・転移性) 22
その他 38
<乳腺>
乳癌 46
263
良性疾患手術例 例数
<消化器>
ヘルニア 132
胆道 85
虫垂炎 30
イレウス 27
大腸 6
胃・十二指腸 2
2
その他 22
<乳腺>
乳腺腫瘤 18
324